関電、スマホでカート呼び出し 大阪・万博公園で実験

 
 関西電力が実証実験に使う電動カート=13日、大阪府吹田市

 関西電力は13日、大阪府吹田市の万博記念公園で小型の電動カートを走らせ来園者を運ぶ実証実験を始めた。来園者はスマートフォンに取り込んだアプリでカートを指定した場所まで呼び出し、園内の好きな場所まで移動する。実験は18日までで、一般来園者も利用できる。

 関西電力はITを活用したスマートシティーと呼ばれる次世代型の都市で実用化を目指す。2025年大阪・関西万博で導入する移動手段の技術開発にも役立てたい考えだ。

 実験には5人乗りのカート1台を使い、運転手が操縦する。