京都への文化庁移転、先送り了承 東京一極集中の是正、遅れ確実

 

 文化庁の京都移転を巡り、国と京都府、京都市は13日、移転時期を当初予定の2021年度中から先送りすることを正式に了承した。移転先の庁舎整備が間に合わないことが理由。整備は22年8月ごろまでかかる見通しで、移転は22年度後半以降にずれ込むことが確実になった。

 文化庁移転は、東京一極集中の是正を掲げる安倍政権の看板政策の一つ。ただ地方への本格移転を決めたのは、中央省庁では文化庁だけだ。

 具体的な移転時期は、庁舎整備の進み具合などを見ながら今後調整する。同庁の担当者は「整備が終わり次第、速やかに移転する」と強調している。