高温ガス研究炉、事実上合格 原子力規制委の審査

 

 原子力規制委員会は25日、日本原子力研究開発機構の高温工学試験研究炉(HTTR、茨城県大洗町)の安全対策の内容をまとめた「審査書案」を了承した。運転再開の審査に事実上合格した。意見公募などを経て正式決定する。機構は2021年1月の運転再開を目指す。

 HTTRは、原子炉で発生した熱を取り出す冷却材としてヘリウムガスを使う国内唯一の高温ガス炉。熱出力は3万キロワットで発電はしない。原子炉から出るガスは950度となり、その熱を利用して水素を製造する研究が計画されている。

 東京電力福島第1原発事故を受け、想定される地震の揺れなど安全対策を見直した。