福井の女子高生、死因は出血性ショック

 

 福井県警は、福井市の住宅で殺害された高校2年の冨沢友美さんの死因は、司法解剖の結果、出血性ショックだったと明らかにした。