米事業、オラクルと連携か

 
 「北京字節跳動科技(バイトダンス)」と「TikTok」のロゴ(ロイター=共同)

 【ニューヨーク、上海共同】米メディアは13日、中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業の売却交渉を巡り、米ソフトウエア大手オラクルが技術パートナーに選ばれたと報じた。トランプ大統領が15日とする売却期限を前に、交渉が進展したもようだ。事業買収に名乗りを上げていたマイクロソフトは13日、ティックトック側から売却しないとの通知があったと発表した。

 米政府によるティックトックの米国事業の禁止を免れる一方で、中国政府からも承認を得られるようにするため、事業売却ではなく、提携にしたという。