東京で80人感染、2人死亡

 
 東京都庁舎

 東京都は14日、新型コロナウイルスの感染者が新たに80人報告されたと明らかにした。前日と比べて入院中の患者は22人増の1284人、うち重症者は2人減の22人。累計は2万3083人となった。70代と80代の男性計2人の死亡も報告され、死者の累計は384人となった。

 都によると、死亡の70代男性は7月17日に亡くなっており、都は2カ月近くの公表遅れを「医療機関の報告漏れが原因」としている。

 新規感染者のうち、感染経路が判明しているのは半数超の45人。年代別の内訳は20代から50代までが13~17人の間でほぼ同じ水準だった。