専門家のコロナ収束判断ないと解散難しい

 

 菅新総裁は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえた衆院解散時期に関し、専門家の見方を参考にするとした上で「完全に下火になってきたということでなければなかなか難しい」と述べた。