小池知事、菅氏との不仲説を否定 五輪とコロナ、連携強調

 
 小池百合子東京都知事、菅義偉自民党総裁

 東京都の小池百合子知事は14日、自民党の菅義偉新総裁の選出に祝意を示し、新型コロナ対策や東京五輪・パラリンピックなどの課題について「既に官房長官の時からずっと担当されていたことばかり。国益に資する事でもあり、国と都で連携しながら成功を目指したい」と述べた。都庁で報道陣の取材に答えた。

 新型コロナ対策では、菅氏との連携を不安視する声があると尋ねる質問に対し、小池氏は「意見の相違があるとは思っていない」と不仲説を否定。都民の健康や経済活性化の両面から国との連携の必要性を強調した。東京大会については「流れや課題を全てご存じなので協力をお願いしたい」と語った。