ロシア、国境の治安要員を撤退 ベラルーシ大統領と合意

 
 14日、ロシア南部ソチで会談するプーチン大統領(右)とベラルーシのルカシェンコ大統領(ロシア大統領府提供、タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのペスコフ大統領報道官は14日、南部ソチで同日行われたプーチン大統領とベラルーシのルカシェンコ大統領の会談で、8月のベラルーシ大統領選を巡る混乱を受け、ロシアが投入も視野に両国国境に配置した治安要員を撤退させ、通常に戻すことで合意したと述べた。タス通信が報じた。

 ルカシェンコ氏の6選は不正と訴える大規模抗議デモがベラルーシで続く中で、プーチン氏は8月下旬、ルカシェンコ氏の要請に基づき、情勢悪化に備えて治安要員の予備隊を結成したと表明していた。

 ペスコフ氏は、ロシアはルカシェンコ氏を「合法的な大統領」と見なしていると表明した。