Jリーグ、視認性向上へ書体統一 スマホ視聴増え、来季から導入

 
 Jリーグが来季から導入する、背番号や選手名で使用する統一された色や書体(Jリーグ提供)

 Jリーグは15日、来季から主催する全ての公式戦で選手が着用するユニホームの背番号や選手名の書体デザインを、全クラブで統一すると発表した。視認性向上のため、見やすいデザインを設定し、村井チェアマンは「選手を認識するところからファンの裾野が広がる」と期待を込めた。

 DAZN(ダゾーン)での配信に伴い、スマートフォンのような小さい画面での視聴が増えたことなども背景にある。イングランド・プレミアリーグでの事例も参考に準備を進め、選定された5色の中から、各クラブのユニホームと合う色の組み合わせを決めていくことになるとしている。