アップル、新腕時計型端末 健康機能強化、廉価版も

 
 米アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品「シリーズ6」(同社提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米アップルは15日、腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品「シリーズ6」を発表した。健康管理機能を強化し、体に取り込まれた酸素濃度を確認できる。機能を絞った廉価版「SE」も発表し、端末の本格普及を図る。

 シリーズ6は4万2800円(税別)から。SEは2万9800円から。いずれも9月18日に発売する。

 タブレット端末「iPad(アイパッド)エア」の新型は基本画面に戻るホームボタンをなくし、端末上部の電源ボタンに指紋認証機能を内蔵。画面サイズは10・9インチと従来機種より大きくなった。演算処理速度が向上。6万2800円から。