眞子さま、マスク姿で工芸展鑑賞 公務で外出、8カ月ぶり

 
 第67回日本伝統工芸展を訪れ、作品を鑑賞される秋篠宮家の長女眞子さま=16日午前、東京都中央区の日本橋三越本店(代表撮影)

 秋篠宮家の長女眞子さまは16日、東京都中央区の日本橋三越本店を訪れ、「第67回日本伝統工芸展」を鑑賞された。新型コロナウイルス禍で皇室が関わる行事の延期や取りやめが続いており、宮内庁によると、公務での眞子さまの外出は1月以来、約8カ月ぶり。

 眞子さまは同展を主催する日本工芸会の総裁を務めている。マスク姿の眞子さまは、関係者の説明に深くうなずきながら、約600点の作品が並んだ会場を見て回った。「氷壁」と題した日本工芸会総裁賞の漆箱に「厳しい冬の情景がうまく表れていますね」と述べた。

 新型コロナ対策で、眞子さまに作品を説明する関係者の人数を例年より減らした。