時短解除も客足戻らず 都心の酒場、新首相誕生にも

 
 都内全域で時短営業要請が終了し、夜10時以降に飲食店街を行き交う人たち=16日夜、東京・新橋

 東京都が新型コロナウイルス対策として23区内で酒類を提供する飲食店やカラオケ店に続けてきた午後10時閉店の時短営業要請が15日で終了し都内全域で16日から通常営業が再開された。だが都内では同日も163人の感染者が出る状況が続き菅義偉首相の誕生当日でも都心の居酒屋ににぎわいは見られない。「客足が戻るとは思えない」。店主らの苦悩は続く。

 サラリーマンらが多い東京・新橋。「まだ客足が戻らないので、通常メニューの量には戻せない。食品ロスになってしまう」と焼き鳥店を営む山科昌彦さん(45)がこぼした。常連客には16日から午後11時までの通常営業に戻すと連絡した。