現金50万円「選挙応援のため」と広島県議

 

 参院選広島選挙区を巡る買収事件で公選法違反罪に問われた参院議員河井案里被告の公判で、下原康充・広島県議(69)が案里議員から現金50万円を受領したと認め「票を取りまとめ、選挙の応援をすることだと思った」と証言した。