井山が囲碁名人を奪還、四冠に

 
 井山裕太四冠

 囲碁の第45期名人戦7番勝負の第5局は13、14の両日、静岡県熱海市で打たれ、挑戦者の井山裕太三冠(31)が178手で芝野虎丸名人(20)に白番中押し勝ちし、対戦成績4勝1敗で名人を奪還、棋聖、本因坊、天元と合わせ四冠となった。芝野前名人は王座、十段の二冠に後退した。

 井山名人は昨年、十段と王座を失い五冠から三冠に後退したが、今年は棋聖、本因坊を防衛。今シリーズでは三冠で並んでいた芝野前名人を破り、四冠に復帰した。名人獲得は3期ぶり通算7度目。

 井山名人は「(最近)タイトルを失うことが多かったので、一つ増やすことができて良かった」と話した。