パリなど17日から夜間外出禁止

 
 ほとんど人影のないルーブル美術館の中庭=14日、パリ(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領は14日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、パリなど国内の計9都市圏に対し、17日午前0時から少なくとも4週間、夜間の外出を原則禁止する措置を適用すると発表した。午後9時から午前6時まで外出が禁じられ、店舗も午後9時で閉店を迫られる。

 フランスでは1日で感染者が2万人以上増える日が出始め、新型コロナ患者による病院の集中治療室の使用率が上昇を続けている。マクロン氏はテレビのニュース番組で「私たちは第2波のただ中にいる。制御不能ではないが、対応が必要だ」と理解を求めた。期間は12月1日までの実施を検討していると述べた。