路上に出血の男性、搬送後に死亡

 
 男性が倒れていた千葉市若葉区の路上付近に張られた規制線=15日午前

 14日午後11時50分ごろ、千葉市若葉区桜木6丁目の路上で、血だらけの男性が倒れているのを通行人が見つけ110番した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。千葉東署によると、男性は50代ぐらい。同署は身元の確認を進めるとともに、事情を知っているとみられる男性の知人ら複数の関係者から話を聴いている。

 捜査関係者によると、男性は現場近くの施設に住んでいたとみられ、事情を聴いている同じ施設の入居者が「刃物で刺した」などと話しているという。署は何らかのトラブルがあったとみて調べている。

 男性は発見時うつぶせの状態で、所持品はなかった。