光触媒塗料でコロナ不活化 日本ペイントなど効果確認

 
 光触媒を利用した日本ペイントの抗ウイルス塗料

 日本ペイントホールディングス(HD)は15日、光触媒を利用した自社の試験用塗料に新型コロナウイルスの感染力がなくなる不活化効果が認められたと発表した。ガーナ大学の野口記念医学研究所との共同実験で確認した。新型コロナの影響で抗菌・抗ウイルス関連素材の需要は高まっており、建築用塗料への実用化を目指す。

 試験用塗料に新型コロナウイルスを含んだ液体を触れさせたところ、12時間で99%以上が不活化した。塗料に含まれる光触媒と呼ばれる物質が太陽光や照明の光に当たると、化学反応を引き起こし、ウイルスを変形させることで感染力が失われるという。