室伏広治長官、イベントに初参加 「新たな生活様式でも運動を」

 
 写真に納まるスポーツ庁の室伏広治長官(左端)ら=15日、東京・丸の内

 スポーツ庁の室伏広治長官が15日、東京・丸の内で、スポーツへの意識を高めるトークイベントに出席し、新型コロナウイルスによる「新たな生活様式」を踏まえて「健康という観点でスポーツが今、求められている。運動してもらえるように盛り上げていきたい」と意欲を語った。

 1日の就任後、初のイベント参加となり、ラグビーの元日本代表、広瀬俊朗さんらとともに登壇した。五輪の陸上ハンマー投げ金メダリストの室伏長官は、新聞紙を片手で握りつぶして握力を鍛える現役時代のトレーニング法を紹介し、「家でも工夫すればいろんなことができる。日常生活で取り組んでもらいたい」と呼び掛けた。