国交省、21空港で使用料減免 来年2月分まで45%減額

 
 羽田空港に着陸する旅客機=7月

 国土交通省は16日、航空各社から徴収する空港使用料を、今年8月~来年2月分の一部を減額すると表明した。国内線の着陸料と停留料をそれぞれ45%減額する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う支援の一環。既に今年2~7月分の徴収を猶予していた。大幅な減便が続くなど経営状況が好転しないため、一定の支援を続ける必要があると判断した。

 対象は、国が管理する羽田や那覇など14空港と、自衛隊と共用している三沢(青森県)など7空港の計21空港。

 減額は10月に支払う8月分から適用する。猶予していた今年2~7月分は、10月以降に順次支払いを求める。