ユーチューブで拉致問題を啓発 菅首相「一刻の猶予ない」

 
 政府が動画投稿サイト「ユーチューブ」に開設した北朝鮮による拉致問題の啓発のための公式チャンネルで、問題解決の決意を語る菅首相=16日

 政府は北朝鮮による拉致問題の啓発のため、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公式チャンネルを開設し、16日から菅義偉首相のメッセージなどを公開した。被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の事件を取り上げたアニメを掲載し、海外向けに英語の字幕が入った動画もアップロードしている。

 菅首相はメッセージで「被害者とご家族の長年にわたる悲しみ苦しみに思いをいたす時、政府として大変申し訳なく思う。拉致問題は内閣の最重要課題。ご家族は高齢化が進んでおり、一刻の猶予もない」と解決への決意を語った。

 過去に収録、公開した家族の訴えなども掲載している。