英、FTA交渉の決裂示唆

 

 【ロンドン共同】英国のジョンソン首相は16日、欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)を結ばないことを前提とした準備を進める必要があると表明した。EUとの交渉が難航しているためで、英メディアによると、首相報道官は「交渉は終わった」と説明。ただ、EUの態度に「根本的変化」があれば協議に応じる考えも示唆しており、混迷が一段と深まった。

 EUのフォンデアライエン欧州委員長は同日、ツイッターで「合意に向けて作業を続ける」と強調する一方で、「いかなる対価を払ってでも」合意を実現するつもりはないとも指摘した。