ネットの食品表示、調査へ 規制対象外、健康被害も

 
 消費者庁の伊藤明子長官

 消費者庁は、インターネットの通信販売で食品を購入する際、表示に注意するよう呼び掛けている。ネット上の表示は食品表示法の規制対象外のためだ。新型コロナウイルス禍の「巣ごもり需要」で購入機会が増えている中、利用者からは「表示と実物の産地が違う」「アレルギー表示がない」といった苦情が相次ぎ、健康被害も出ている。同庁はネット通販会社やプラットフォーム企業を対象に実態調査を始める。

 消費者庁の伊藤明子長官は「食品の国際的な基準を策定する政府間組織『コーデックス委員会』では、ルール作りの機運が高まっている。調査をこうしたルール作りに役立てたい」としている。