河野氏「足元が一番ブラック」 職員の仕事増を反省

 
 河野太郎行政改革担当相

 河野太郎行政改革担当相は17日の読売テレビ番組で、行革や規制改革の推進に伴い、自身の担当部署にいる職員の仕事量が増え「深く反省している」と述べた。国家公務員の長時間労働に触れ「ブラック化した霞が関をホワイト化すると号令を掛けたが、気が付いたら自分の足元が一番ブラックだった」と語った。

 担当部署の業務改善を皮切りに、霞が関全体の長時間労働を是正していくと表明。業務を3段階に分けて優先順位を付けるなど、具体的な改善策に取り組む考えを示した。