韓国与党代表、靖国奉納に遺憾 訪韓中の河村氏と会談

 
 18日、ソウルの国会を訪れた日韓議員連盟の河村建夫幹事長(共同)

 【ソウル共同】韓国の与党「共に民主党」代表で、知日派として知られる李洛淵前首相は18日、訪韓中の日韓議員連盟の河村建夫幹事長とソウル市内で会談し、菅義偉首相が靖国神社の秋季例大祭に合わせて「真榊」を奉納したことについて「遺憾の意」を伝えた。非公開の会談後、李氏が韓国メディアの取材に明らかにした。

 李氏によると河村氏は、奉納は安倍晋三前首相の対応に倣ったものだと理解を求めた一方、「批判は受け入れる」とも述べたという。

 河村氏は、次期大統領候補の一人として支持を集める李氏との会談を通じ、元徴用工問題で対立する文在寅政権への働き掛けを強めたかったとみられる。