秋田の新品種米は「サキホコレ」 公募に25万件

 

 秋田県は17日、2022年秋の市場投入を目指す新品種米「秋系821」の名称を「サキホコレ」に決定したと発表した。今春実施した公募には国内外から約25万件の応募があり、市場での存在感や販売促進の観点を踏まえて6案に絞った後、佐竹敬久知事が10月に決めた。1984年にデビューした「あきたこまち」以来のヒットにつなげたい考えだ。

 佐竹氏は、東京都内で開いた発表イベントで「稲穂に小さな花が咲き誇る時期の情景を想像した。郷里に誇りを持つ意味もある」と述べた。秋田県出身の俳優でモデルの佐々木希さんは新品種米の試食後「かめばかむほど甘みが広がる」と感想を語った。