福岡の立てこもり、懲役7年 「幼い女児人質、卑劣な犯行」

 

 福岡市南区のうなぎ店で4月、幼い姉妹を人質に包丁を持って立てこもったなどとして、逮捕監禁致傷や人質強要処罰法違反(強要)の罪に問われた元従業員渡辺祐樹被告(36)に、福岡地裁は20日、懲役7年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。

 神原浩裁判長は「幼い女児を人質に取った卑劣な犯行で、さらに重大な結果を生じさせかねなかった」と指摘。元勤務先の店主に対する不満が背景にあったとした上で「不満を募らせた経緯に酌むべき事情は見当たらない」と述べた。

 判決によると、4月21日に「うなぎの黒田屋」で、約6時間にわたって男性店主の6歳と3歳の娘を人質に立てこもるなどした。