追悼の竹灯籠、加工紙で代替へ 阪神大震災、1・17のつどい

 
 紙灯籠の試作品を持つ実行委員長の藤本真一さん(右)=20日午後、神戸市

 阪神大震災の犠牲者を追悼する「1・17のつどい」について、実行委員会は20日、使用する竹灯籠が新型コロナウイルスの影響で不足するため、来年はラミネート加工した紙を使う「紙灯籠」で補うと発表した。つどいは神戸市中央区の公園「東遊園地」で毎年1月17日に開催される。

 竹灯籠約5千本を並べ「きざむ」や「つなぐ」など追悼の文字を浮かび上がらせるのが恒例。全国のボランティア団体が雑木林で竹を伐採して持ち寄るが、今回は集まって作業するのが難しく、2千本程度にとどまる見込み。

 実行委はA4の紙をラミネート加工し、筒状に丸めて瓶詰めのろうそくにかぶせる紙灯籠を試作した。