菅首相に空手9段位を授与 東京五輪の種目採用へ貢献

 
 9段位の授与を受け、プレゼントされた道着と黒帯に着替える菅首相=20日午後、首相官邸(空手道マガジンJKFan提供)

 菅義偉首相は20日、全日本空手道連盟会長の笹川尭元自民党総務会長と官邸で会い、9段位を授与された。首相は法政大時代に空手部に所属。自民党議員でつくる空手道推進議員連盟の会長も務めており、来年の東京五輪の追加種目採用に貢献したと評価された。

 首相は連盟から贈られた道着に着替えると、「祝公認九段位」と刺しゅうが入った黒帯を締め、記念撮影に応じた。笹川氏は面会後、記者団に「首相は喜んでニコニコしていた」と語った。