公的年金額、据え置きの公算 21年度、実質目減り

 
 年金手帳

 2021年度に支給される公的年金額は現在の水準で据え置かれる公算が大きいことが20日、分かった。政府関係者が明らかにした。年金額は物価や賃金の変動に合わせて毎年度改定される。20年の物価は小幅に上昇する見通しだが、賃金の指標は横ばいの見込み。この場合、改定ルールに基づき据え置きとなる。物価が上昇するため、実質的な価値は目減りする。

 据え置きだと、21年4月分(受け取りは6月)の年金額は、国民年金は40年間保険料を納め続けた場合、月6万5141円。会社員らが加入する厚生年金は、平均的な給与で40年間勤めた夫と専業主婦の妻という世帯で月22万724円。