感染は気になるがキャンセル料が 好天の観光地に人波

 
 3連休初日の「道後温泉本館」前の商店街=21日午後、松山市

 新型コロナ感染が急拡大する中での3連休初日となった21日、晴天に恵まれた観光地は若者から高齢者まで多くの行楽客でにぎわった。ただ消毒液を使う人が減り"気の緩み"を指摘する声も。「感染は気になるが、高額のキャンセル料がかかるため旅行を決めた」と明かす人が相次いだ。

 神奈川・箱根湯本駅前の商店街では若いカップルや家族連れが目立った。1泊旅行に来た会社員の男性(28)=東京都江戸川区=は「少し迷ったが、キャンセル料が高いので来た」と説明。4~5月のゴールデンウイークや夏休みは遠出しなかったといい「息苦しかった。久しぶりの旅行を楽しみたい」と恋人と笑い合った。