コロナで異例の日本シリーズ開幕 頂上決戦でも観客50%制限

 
 プロ野球日本シリーズ第1戦をマスク姿で観戦する人たち。観客数は収容人数の50%までに制限された=21日、大阪市の京セラドーム大阪

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2020が21日、開幕した。新型コロナウイルスの影響で日本シリーズが例年より1カ月遅くなったことで、巨人が本拠地の東京ドームを使用できず大阪市の京セラドーム大阪でホームゲームを開催するなど、最後まで異例の事態が続いている。

 流行の「第3波」の到来とも言える状況で迎えた大舞台。政府のイベント開催制限により観客数は収容人数の50%までに制限され、頂上決戦でもスタンドは埋まらなかった。

 観客は入場ゲートで手の消毒、検温と来場者記録の登録を求められ、場内アナウンスでは大声を控えることやマスク着用などが呼び掛けられた。