貴景勝が11場所ぶり2度目優勝

 
 大相撲11月場所で優勝し、日本相撲協会の八角理事長(手前)から内閣総理大臣杯を受け取る大関貴景勝=両国国技館

 大相撲11月場所千秋楽(22日・両国国技館)大関貴景勝が13勝2敗で並んだ小結照ノ富士との優勝決定戦を押し出しで制し、2018年九州場所以来、11場所ぶり2度目の優勝を果たした。大関の制覇は17年初場所の稀勢の里以来で、貴景勝の大関での優勝は初めて。来場所で綱とりに挑む。

 1敗で単独トップだった貴景勝は本割で、ただ一人2敗の照ノ富士に浴びせ倒しで敗れ、幕内では昨年秋場所の御嶽海―貴景勝以来となる決定戦にもつれ込んだ。照ノ富士は技能賞を受賞した。

 関脇隆の勝は敗れて8勝7敗に終わり、御嶽海は7勝目。小結高安は勝ち越した。