180万円多く払い戻し、静岡 KEIRINグランプリ的中車券

 

 静岡市は8日、昨年12月に静岡競輪場(同市駿河区)で的中車券の払い戻し手続きをした客に対し、窓口の担当者が誤って180万1800円多く払い戻すミスがあったと発表した。市公営競技事務所は「このまま返還がなければ、警察に被害届を出すことになるかもしれない」としている。

 同事務所によると、ミスがあったのは昨年12月30日に平塚競輪場(神奈川県平塚市)で行われた「KEIRINグランプリ」の的中車券。本来の払戻金は20万200円だったが、窓口の担当者が伝票に誤って200万2千円と記入し、そのまま支払った。直後に誤りに気付いたが、客は既に去っていた。