菅内閣支持率、続落41%

 
 内閣支持率の推移

 共同通信社が9、10両日に実施した全国電話世論調査によると、菅内閣の支持率は41・3%だった。12・7ポイント急落した12月の前回調査から、さらに9・0ポイント下落。今回の不支持率は42・8%で、政権発足から約4カ月で不支持と支持が拮抗した。新型コロナ感染拡大で1都3県に再発令した緊急事態宣言のタイミングは「遅過ぎた」との回答が79・2%に上った。政府のコロナ対応を「評価しない」が68・3%。評価するは24・9%で安倍政権下を含め最も低かった。

 内閣不支持理由では「首相に指導力がない」が41・2%で最多だった。

 回答は固定電話521人、携帯電話520人。