経産相「電気の効率的な使用を」 寒波で需給逼迫

 

 梶山弘志経済産業相は12日の閣議後記者会見で、寒波などの影響で全国的に電力需給が逼迫していることに関し「暖房の利用など普段通りの生活を続けつつ、電気の効率的な使用をしてもらいたい」と述べた。ただ、電力会社間での電力融通などの取り組みはできており「節電要請ではない」とも話した。

 梶山氏は、厳しい寒さで電力需要が大幅に増加していると説明。その一方で、供給側では太陽光発電など再生可能エネルギーの発電量が天候不順で低下し、火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)も在庫が減っていると話した。