21年中の「集団免疫」獲得否定 WHO、ワクチン接種でも

 

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のスワミナサン首席科学者は11日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種が一部の国で始まったものの、人口の一定数以上が免疫を持つことで流行を防ぐことができる「集団免疫」は「2021年中には、いかなる水準でも獲得できない」と言明した。

 これまでにワクチン接種が始まった40カ国以上の大半は高所得国で、スワミナサン氏は「数カ国で集団免疫を達成できるかもしれないが、世界全体の人々を守ることにはならない」と指摘。ワクチン普及には時間がかかると見込まれ、手指消毒や対人距離の確保などの感染防止策を継続する重要性を訴えた。