浸水のパナマ貨物船、乗組員救助 沖縄・宮古島沖、全員無事

 
 沖縄・宮古島の南東約760キロの海上で浸水したパナマ籍の貨物船「YONG FENG」=13日午前(第11管区海上保安本部提供)

 沖縄・宮古島の南東約760キロの海上でパナマ籍の貨物船「YONG FENG」(1万3880トン)が浸水した事故で、第11管区海上保安本部(那覇)は13日、中国籍とバングラデシュ国籍の乗組員計22人全員が救助され、無事が確認されたと明らかにした。

 11管によると、午後1時15分ごろ、付近を航行中の台湾漁船が貨物船の甲板にいた乗組員を救助した。貨物船は無人のまま漂流しており、船体が傾いているが、すぐに沈没しそうな状況ではないという。巡視船が14日正午ごろ現場に到着し、調査する予定。

 貨物船は13日午前3時50分ごろに通報し、救助を要請していた。