強風で住宅10戸に被害、北海道 新冠町、竜巻の可能性

 

 14日午前7時50分ごろ、北海道新冠町節婦町の住民から「強風で車庫の屋根が飛んだ」と110番があった。静内署や町によると、約10戸の家屋で、ガラスが割れたり、車庫の屋根が吹き飛ばされたりするなどの被害が出た。けが人の情報は入っていないという。

 室蘭地方気象台は竜巻の可能性があるとして、調査のため職員を町に派遣すると明らかにした。

 被害が出た住宅の近くに住む女性(75)は「家が風でガタガタと揺れていた。ドーン、ガーンとすごい音がしたので外に出てみたら、近くに置かれていた小屋が吹き飛んでいて驚いた」と話した。