関西電力稼働原発ゼロ、解消へ 大飯4号機、15日に起動

 
 関西電力大飯原発4号機=福井県おおい町

 関西電力は14日、定期検査中の大飯原発4号機(福井県おおい町)を15日に再起動すると発表した。2月中旬ごろ営業運転に入る予定。昨年11月の大飯4号機の定期検査入りで、約2カ月半にわたり関電の原発が稼働していない状態となっていた。

 大阪地裁が昨年12月、大飯3、4号機の設置許可を取り消す判決を出したが、国側が控訴して係争中の再起動となる。勝訴した住民側は今月14日、控訴審判決が言い渡されるまで許可処分の効力を停止するよう大阪高裁に申し立てた。

 関電の原発では、昨年7月に始まった大飯3号機の定期検査で1次系配管に損傷が見つかり、起動できなくなった。