上納金脱税、工藤会トップの実刑確定へ

 

 最高裁は18日までに、特定危険指定暴力団工藤会の上納金を巡り、所得税法違反罪に問われた会トップの総裁野村悟被告(74)の上告を棄却する決定をした。懲役3年、罰金8千万円とした一、二審判決が確定する。