東北新幹線、24日に全線再開

 
 地震の影響で福島県郡山市のJR郡山駅に停車する東北新幹線の車両=19日午後2時20分(共同通信社機から)

 福島、宮城両県で震度6強を観測した地震により被災し、一部区間で運休している東北新幹線が、24日の始発から全線で運転を再開する。JR東日本が19日発表した。20日で発生から1週間。総務省消防庁によると、福島、宮城、山形の3県で計2649棟の住宅が損壊するなど、東日本大震災から10年の節目を前に深い傷痕を残した。

 東北新幹線は高架橋の柱や電柱が損傷し、那須塩原(栃木県)―盛岡間で運転を見合わせた。16日に再開した一ノ関(岩手県)―盛岡間に続き、仙台―一ノ関間で22日始発から運転を再開する。最後に残った那須塩原―仙台間が24日開通し、11日ぶりに全線復旧する。