川崎がゼロックス杯2年ぶり優勝 G大阪下す

 
 川崎―G大阪 試合終了間際、決勝ゴールを決める川崎・小林。左はG大阪・三浦=埼玉スタジアム

 国内のサッカーシーズン到来を告げる富士ゼロックス・スーパーカップは20日、埼玉スタジアムで行われ、昨季J1と天皇杯全日本選手権の2冠を果たした川崎がリーグ2位のG大阪に3―2で競り勝ち、2年ぶり2度目の優勝を遂げた。賞金は川崎が3千万円、G大阪が2千万円。

 川崎は前半、三笘の2ゴールで2―0と折り返し。後半にG大阪の矢島らに決められて追い付かれたが、終了間際に小林が決勝点を奪った。

 緊急事態宣言下での政府のイベント開催方針に従い、観客を5千人以下に制限して実施され、4208人が観戦した。Jリーグは26日の川崎―横浜Mで開幕する。