カーリング女子、日本は2勝3敗 世界選手権

 
 スイス戦でショットを放つ小野寺。左は近江谷=カルガリー(日本カーリング協会提供)

 【ニューヨーク共同】来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリング女子世界選手権第4日は3日、カルガリーで1次リーグが行われ、日本代表の北海道銀行は前回優勝のスイスに5―10で敗れて2勝3敗となった。

 日本は第4エンドに2点、第7エンドに1点スチールを許すなど、厳しい展開を強いられた。