日本ハム、新たに3人陽性 荒木、高橋両コーチら

 
 日本ハムの荒木大輔投手コーチ(左)、高橋信二打撃コーチ

 プロ野球日本ハムは4日、新たに荒木大輔投手コーチ(56)、高橋信二打撃コーチ(42)とスタッフ1人の計3人が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。これでチーム内で陽性が確認されたのは計13人となった。

 石川亮捕手(25)、渡辺諒内野手(26)の2選手とスタッフ3人の計5人が濃厚接触者と判定された。2選手は「感染拡大防止特例2021」の対象選手として出場選手登録から外れた。

 日本ハムは新型コロナの感染が広がっているため、保健所の要請に従って2日からチーム活動を停止。5日までの計4試合が中止となっている。