全日本大学野球が開幕 名城大など2回戦へ

 

 第70回全日本大学野球選手権が7日、神宮球場と東京ドームで開幕して1回戦7試合が行われ、15年ぶり出場の名城大(愛知)は初出場の沖縄大(九州南部)を1―0で下し、天理大(阪神)福井工大(北陸)上武大(関甲新)国際武道大(千葉)大商大(関西六大学)富士大(北東北)とともに2回戦に進んだ。

 名城大は松本が3安打完封した。天理大は7―0の八回コールドゲームで石巻専大(南東北)に快勝し、福井工大も北海学園大(札幌)を11―3の七回コールドゲームで下した。

 昨年は新型コロナウイルスの影響で初の中止だった。