グーグルに制裁金292億円 仏、ネット広告で競争阻害

 

 【パリ共同】フランスの競争当局は7日、米IT大手グーグルがオンライン広告に関するシステムで支配的地位を乱用、自社サービスを優遇して競争を阻害したとして、2億2千万ユーロ(約292億円)の制裁金を科すと発表した。

 グーグルは事実を争わず、制裁金額は当局との合意で決まった。当局の同意を得た仕組みに改めるという。

 問題となったのは、新聞などが自社のウェブサイトや携帯電話のアプリケーションで表示する広告を募集し、スペースを入札で販売する二つのシステム。グーグルが二つのシステムを併せて運用することで、他社広告サービスの参入を難しくし、競争を阻害したとされる。