武漢の研究所流出説「あり得る」 米で昨年コロナ巡り報告書

 
 中国科学院武漢ウイルス研究所=1月、中国・武漢

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は7日、新型コロナウイルスが中国武漢のウイルス研究所から漏えいしたとの説に関し、米国の国立研究所が昨年5月に「あり得る」との見解を示す報告書をまとめていたと報じた。複数の関係者の話として伝えた。

 同紙によると、報告書をまとめたのは生物テロ対策などを研究するローレンス・リバモア国立研究所の情報部門。報告書は機密扱いで、トランプ前政権下の国務省が今年1月に研究所漏えい説も排除できないとの見解をまとめた際にも影響を与えたという。

 報告書は「さらに調査する価値がある」と結論付けているというが、詳細は不明。