トイレ使用制限、経産省職員が上告

 

 戸籍上は男性だが、性同一性障害で女性として働く経済産業省職員が、職場の女性用トイレの自由な使用など処遇改善を求めた訴訟で、職員は8日、使用の制限を適法とした東京高裁の逆転敗訴判決を不服として、最高裁に上告した。