北朝鮮巡る日韓協力に尽力 韓国新大阪総領事が抱負

 
 インタビューに答える韓国の新駐大阪総領事に赴任する趙成烈氏(共同)

 【ソウル共同】韓国で北朝鮮や安全保障問題の専門家として知られ、9日に駐大阪総領事に赴任する趙成烈氏(62)が「専門家としての経歴を生かし、北朝鮮に対する日本側の理解が深まるよう尽力したい」と抱負を述べた。8日までに共同通信のインタビューに応じ、北朝鮮を巡る日韓協力を進める考えを示した。

 北朝鮮問題は「日本側も関心があり、協力が可能な部分だ」として、日本の専門家や自治体と積極的に交流する意向だ。元慰安婦や元徴用工の問題で日韓関係の冷え込みが続くが、歴史問題以外の分野で協力を続け、関係改善に向けた雰囲気をつくることが重要だと強調した。